お使いのブラウザはInternet Explorer6です。
InternetExplorer6ではサイト内の情報が正しく表示できない可能性がございますので、最新ブラウザのダウンロードをおすすめします。
最新のブラウザは、「Microsoft Internet Explorer」から入手できます。
2017-02-24(17:30)|未分類

パーカー ボールペンのクインクフローとスタンダードの違いについて

パーカーのボールペン替芯(リフィル)について、お客様よりご質問をいただく事があります。

確かにいざ、パーカーのボールペン替芯を購入しようと思い、商品を検索すると、
「クインクフロー」と「スタンダード」の2種類が出てきます。

1220040000022.jpg
▲パーカー ボールペン替芯(クインクフロー)


1220040000022.jpg
▲パーカー ボールペン替芯(スタンダード)



見た目は同じ形状なのに「一体何が違うのか」と思う方も多いのでは?
じつは「中に入っているインク」に違いがあります。


スタンダードの方は従来からあるパーカーインクで、
ごく一般的な少し粘度のある油性ボールペンという感じです。

いっぽう、クインクフローは、低粘度インクが使われていて、
ブランドサイトでは「どんな用紙にでも楽々と書ける」うたわれています。
実際に書いてみると確かに、
引っかかりもまったく感じず、力を入れなくてもスルスルとペンが運ぶ
書き味でした!
また、速乾性・発色の良さ・裏写りがしにくいという三拍子そろった優秀ボールペン芯です。


実はと言うと、だんだんとスタンダードからクインクフローに切り替わっており、
スタンダードも残すところ「B(太字)のみ」となってしまいました。


最近はスラスラ書ける低粘度インクが流行っておりますが、
個人的には「Theボールペン」っぽさも好きだったりします。
Page top

コメントの投稿

非公開コメント

Page top
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード