お使いのブラウザはInternet Explorer6です。
InternetExplorer6ではサイト内の情報が正しく表示できない可能性がございますので、最新ブラウザのダウンロードをおすすめします。
最新のブラウザは、「Microsoft Internet Explorer」から入手できます。
2012-09-25(10:05)|スタッフ一押し

ペリカン スーベレーンM400 ホワイトトートイス

1300020000032.jpg


私がいま欲しい万年筆はこれ!
この場を借りて誰にともなくアピールしておこうと思います!
先々クリスマスも待っていますしね♪

万年筆と言えば「○○」。
人それぞれ○○に入ってくるものは違うと思いますが、
私の場合は、「ペリカン スーベレーン」。

なんていうかセレブなのに気取っていないところがいい。

「万年筆の中の万年筆」と言われる万年筆代表格なのに、
身近に感じられる。

なんといえばいいんでしょうか?

とてもユーザー寄りな感じがするんですよね。
トラディショナルだけど古臭くなく、
まじめだけどおしゃれでカジュアル感があり、
日常的にそばに置いておきたくなる感じ。

吸入式で、インクが透けて見えるところも素敵。

スーベレーンのデザイン自体がとても好きなのですが、
なかでもホワイトトートイス、とても惹かれます。

サイズ、価格的にもM400かなと思っているのですが、
ホワイトトートイスがあるのも理由。

私は、なぜか"白い"筆記具に惹かれてしまいます。
今使ってるラミーも白ですし。

万年筆って敷居が高いので、使い勝手ばかり気になってしまいますが、
ファッションアイテムとして色や見た目でもっと自由に選ぶところから
はじめたらいいのにって思います。

思ってる以上に、可愛いものがいっぱいあるので。
かわいい発見があるといいなという思いから、
一筆館では、色から選ぶことも可能になっています!
気軽に覗いてみてくださいね。
↓↓↓
ペンを色から探す/一筆館


一筆館 佐藤
Page top
2012-09-18(11:19)|スタッフ一押し

筆を持ち歩く

筆文字が好きな私。

普段は家で墨を磨って書くのですが、
外でも一筆書いたり、記名をする時に筆で書きたいなと思うことがあります。

昔の人は、矢立を持ち歩いていたようですが、
現代では、ちょっと持ち歩きづらい。
着物で、帯にさして携帯されている方は粋だなと思いますが…。

現代のスタイルにマッチした矢立…ありました。

20120918-2.jpg


書道用品メーカー「呉竹」さんの万年毛筆
見た目は、万年筆。


20120918.jpg

キャップを外すと、筆先が出現
20120918-3.jpg


穂先は、筆にも使わるイタチの毛を使用している本格的な毛筆です。
書き心地は、非常になめらか。


墨(インク)はカートリッジ式で、万年筆のよう。
墨壺を携帯する必要はありません(笑)

カバンの中に一本入れておくと、あらゆるシーンで活躍してくれそうです。
軸のデザインも色々あるので、好みのものを選ぶことができます。


lban-kuretake.jpg
一筆館【呉竹 万年毛筆】 販売中です


KIT
Page top
2012-09-13(12:26)|スタッフ一押し

金沢ADC年鑑2011にdaichiレターセットが載りました

1_20120913122227.jpg

少し前のことですが、わたくしども、山越とJAXAのコラボで作った
「daichiレターセット」が、金沢アートディレクターズクラブ
第一回審査会で入選しましたー。

金沢アートディレクターズクラブって?
詳しくは、ホームページをご覧いただければと思いますが、
簡単に言うと、石川県内のクリエイターによる成果物を審査する
コンテストのようなものです。

昨年、2011年11月12日に佐藤 卓さんをはじめ、そうそうたる審査員を県外から
お迎えして、記念すべき第1回目の公開審査が行われました。

そこで選ばれた入選作品が先日1冊の本となり、
「daichiレターセット」もありがたいことに載せていただいています。

2_20120913122235.jpg

こうして見ると改めて美しいなぁって思います。

地球のすがたそのままが日常の商品になったものって
ありそうでないですよね。貴重かも。

よかったら、あらためて地球の美しさを感じてみてください。

daichiレターセットはコチラです


一筆館 佐藤

Page top
2012-09-11(09:57)|特集

G.Gデーには筆記具を

9月17日は敬老の日です!

といいつつ、自分の両親は60代後半なのですが、敬老の日にギフトを贈る気にならないんですよね。

孫もいて立派なじぃじ、ばぁばなんですが、
どうしても老人と思えず、イコール、敬老の日にギフトを贈る対象とは思えなくて、
申し訳ないことに今のところスルーしてしまってるんですよね。

その点、イオンが行なっているG.Gデーうまいと思います。
http://www.aeonshop.com/contents/ggc/index.html

「グランド・ジェネレーション」は、脚本家・放送作家の小山薫堂氏が提唱する、
「シニアに代わる新しい世代の捉え方。グランドは最上級を意味し、この世代が人生の中でも最上であるという考え方に基づいている」のだそうですが、確かにアクティブで若々しいシニア層には、ぴったりなネーミングですよね。

横文字とはいえ、ひらがなにしたら、結局「じーじー」ですし。
「G.Gデー」という言葉、アンテナに引っかかるのが遅く、知ったのは、つい最近のこと。

一筆館の敬老の日特集は、おじいちゃま、おばあちゃま向けのベタな「敬老の日」向けセレクトになってしまいました。

が、いつも使える筆記具は、G.G向けギフトとしてぴったりですし、
長寿の願いを込めたモチーフのついた筆記具や
いつまでも、しっかり文字を書いてもらうという願いも込められますので、
プレゼントの用意がまだの方、いかがでしょうか?

一筆館 敬老の日特集はこちらです



一筆館 佐藤
Page top
2012-09-03(14:14)|スタッフ一押し

アウトドアにぴったりの筆記具3選

まだまだ残暑が厳しいですが、それでも朝夕の涼しい風や虫の音色に
秋の気配を日増しに感じるようになってきましたね。

個人的には、秋はアウトドアに最適の季節ではないかと思っています。
暑すぎず、日差しも優しく、トレッキングなど、外で軽く体を動かすにはちょうどいい。

最近「山ガール」という言葉も定着しましたが、
かわいいコーディネートで気分を上げて、山へお出かけ。
自然の中で癒されてちょうどいい運動もできる。最高ですね!

でで、そんな山ガール、山ボーイ?の皆さんにぜひとも持ち物に加えて欲しいのが筆記具。
いまやスマホでなんでもできるけれど、ちょっとしたメモは書いたほうが便利だったりもする。

山で見つけた植物や鳥の名前など、誰かに教えてもらってもあーっという間に忘れてしまうもの。
写真とともに、すかさず”メモメモ”。
山との距離、自然との距離がぐぐっと縮まりますよ~♪

ということで、アウトドアにぴったりの筆記具を3商品ほどチョイスしました。

まず、アウトドア用の筆記具として最初に思いつくのは、
フィッシャー スペースペン」。

スペースペンは、もともとNASAの要請により開発された宇宙で使えるペンで、
耐久力や強度はいうまでもなく、すごいのは、水中でもスムーズに書けるところ。
"スムーズ"にってところがポイントなんです!
つまり、少々の雨に濡れるくらいなんてことはないんです。


フィッシャー スペースペンのなかでも「トレッカー」は、
様々な衝撃でもペン本体が落ちにくくなっていたり、付属品のランヤード(ぶらさげるための紐)は、
窒息事故防止のため強く引っ張るとはずれるようになっていたりと
まさに、トレッキングなどアウトドア・シーンを想定して作られているペン。
ハードな見た目もかっこいいです↓

trecker1.jpg

trecker2]

【フィッシャー/FISHER】 トレッカーはこちらからご購入いただけます。





お次は、フィッシャー スペースペンとマグライトがセットになった「ソリテールライトセット」
単四電池1個で光る超小型マグライトとセットなので、キャンプなどにオススメですよ。↓

sori.jpg

【フィッシャー/FISHER】 ソリテールライトセットはこちらかご購入いただけます。



最後におすすめしたいのは、
モンテベルデのワンタッチスタイラスボールペン!!
ボールペンとして利用できるだけでなく、手にグローブをしていたり、泥で汚れてしまっていたりしていても、ペン後端部でスマートフォンを操作することもできてしまうので、重宝すること間違いなし。
迷彩柄がまたおしゃれでかわいい。アウトドアにぴったりですよね。↓

stylus.jpg
【モンテベルデ/MONTEVERDE】 ワンタッチスタイラスはこちらからご購入いただけます。


ぜひぜひアウトドアのお共に最適な筆記具を♪


一筆館 佐藤
Page top
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード