お使いのブラウザはInternet Explorer6です。
InternetExplorer6ではサイト内の情報が正しく表示できない可能性がございますので、最新ブラウザのダウンロードをおすすめします。
最新のブラウザは、「Microsoft Internet Explorer」から入手できます。
2010-04-30(21:16)|お知らせ

※一筆館休暇のご案内※

申し訳ございません

2010年5月1日(土)~5月5日(水)の期間期間は、
誠に勝手ながらゴールデンウィーク休暇とさせて頂きます。

期間中にいただきましたご注文、お問い合わせにつきましては
2010年5月6日(木)以降対応を行わせていただきます。

大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願いいたします。
Page top
2010-04-22(12:04)|万年筆

カトウセイサクショ 万年筆

人生は、出会いと別れの繰り返し。

私は、一筆館のお仕事をさせていただくことになって、初めてカトウセイサクショの万年筆に出会いました。

個性的な柄と手作りの優しさ

グッと心を惹きつける魅力がありました

「こんな素敵な万年筆を販売できて嬉しいな」と思った当時。
その気持ちは現在も変わっていません。



実は、こちらでお知らせできずにいたのですが、
2010年1月23日、カトウセイサクショカンパニーの社長・加藤清さんがお亡くなりになりました。
享年85歳だったそうです。

一度お会いしてみたいなと思っていたので、とても悔しいです


一筆館で在庫をしていた商品も残り僅かとなってきました。
大好きな万年筆に「さよなら」を告げて、「いってらっしゃい」と見送っています。

ban-kato.jpg
カトウセイサクショ 800C 窓付き万年筆

KIT
Page top
2010-04-15(15:13)|特集

母の日の贈り物

何かとイベントが多い4月

ゴールデンウィーク

そして、

「あっ!!」

と気づく母の日。

毎年、私はこのように母の日を迎えます


優しい方は、事前にしっかりと準備をされているんでしょうね~。


でも母の日って何を贈ろうか迷ってしまいます。


昨年の私が母に贈ったもの…「桂枝雀の落語大全(DVD)」

…やっぱり準備って大切です



一筆館では、お母さんに贈るのにオススメな万年筆・ボールペンをセレクトしてみました

2010 母の日

いつも使うものが、ちょっと良いものだと、心にゆとりができますよね。

休みの日がない『お母さん』

「ありがとう」の気持ちをこめて、ペンの贈り物はいかがですか。


★来週中にご注文いただけましたら、名入れをして、母の日までにお届けすることが可能ですよ

KIT
Page top
2010-04-12(17:51)|雑談

さくら

こちら金沢は、桜が満開です~

先週の帰宅途中、兼六園をぶらぶら。

春は良い匂いがしますねぇ。

団子の。


・・・・じゃなくて、お花の匂い

20100406123636.jpg

20100408182820.jpg

20100408183148.jpg

桜を見てると美味い日本酒が呑みたくなりますね

KIT
Page top
2010-04-08(14:19)|竹筆

竹筆 販売開始

釈迦院時雄さんの「竹筆」が販売開始となりました


いつ見ても素敵です。

竹っていいな。

竹筆 黒竹

書いてみると、竹筆にしか出せない味わい深い線が出ます。

竹筆は墨をたくさん吸ってくれるので、墨を付たさなくても書を書き終えることができます。

本当に竹ってスゴイ!


普段書に親しんでいらっしゃる方もそうでない方にも、使っていただきたいです

表現の幅がグッと広がること間違いなしです。

そして、墨の香りの中、竹の優しさを感じながら書を書くひととき。
心が落ち着いていきます。
忙しくても、こういう時間をもつことがとても大切に感じている今日この頃です。


竹筆 是非チェックしてくださいね
釈迦院時雄 「竹筆」 http://www.ippitsukan.com/brand/chikuhitu.html


KIT

テーマ : 商品情報
ジャンル : ブログ

Page top
2010-04-05(13:30)|竹筆

竹筆の旅

皆様、こんにちは

まだ肌寒い春の金沢より、本日は素敵な本のご紹介をさせていただきます

竹筆の旅
竹筆の旅「今日即有」
著者:釈迦院時雄 (釈山人)
編集協力:出島二郎事務所
発行人:岩下信正
発行所:株式会社 イーグル技術研究所
価格:1,500円
サイズ:B6版215ページ
http://www.eaglelab.jp/cn18/pg125.html

皆さんは「竹筆」をご存知ですか

「竹筆」って持つ所が竹?それなら普通じゃない?
とお思いになる方多いのではないでしょうか。

違うんですね~。私も初めて竹筆を見た時驚きました。

はい、では驚いてください。

竹筆

そうなんです。穂まで竹なんです。
竹を細~く細~く裂いて穂にしているんです。
そしてこの穂、と~っても柔らかい
「これ本当に竹なの」と思ってしまいます。

そんな竹筆をつくっていらっしゃるのが、釈迦院時雄さん。

釈迦院時雄先生のことばがぎゅっとつまった竹筆の旅「今日即有」
読んでいると、じわぁっと心が温かくなっていくのが分かります。
気づくと涙があふれていたりします。
やはり美しい人が美しいものをつくるのだなあと改めて思いました。

釈迦院先生 新聞記事
(北陸中日新聞提供)

2010年3月30日 北陸中日新聞でも紹介されていました。

とても素敵な癒しの一冊はこちらでご購入いただけます。

そして・・・

ビッグニュースです

なんと

近日一筆館にて

竹筆販売させていただくことになりました

多くのお客様に、釈迦院時雄先生の作る竹筆の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

竹筆の販売開始まで、もうしばらくお待ちください


テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : ブログ

Page top
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード