お使いのブラウザはInternet Explorer6です。
InternetExplorer6ではサイト内の情報が正しく表示できない可能性がございますので、最新ブラウザのダウンロードをおすすめします。
最新のブラウザは、「Microsoft Internet Explorer」から入手できます。
2018-05-21(15:21)|未分類

期間限定イベントのお知らせ!【石川県金沢市】

info180521.jpg


石川県金沢市にある デザインショップ&カフェギャラリー「コニーズアイ」さんにて

オリジナルブランド「ippi」シリーズをはじめ、
一筆館にて取り扱っているブランド筆記具を限定販売します!


企画展「ippi/人と紙とペンの、ここちよい関係」
【販売期間】2018年6月3日(日)~7月29日(日)
【営業時間】11:00-18:00(水曜日・木曜日 定休)
【場   所】コニーズアイ 〒920-0855 石川県金沢市武蔵町4-2 電話:076-204-8431


普段はサイト上でしか見る事の出来ない「ippiボックスメモ」を
直接手に取っていただける貴重な機会となっております!
もちろんお名入れも承りますよ(^-^)/

※お名入れをご希望される方は、後日商品を発送させていただきます。

お近くにお住まいの方、金沢にご旅行予定のある方は、
是非ともお立寄りくださいませ♪

企画展の詳細[外部リンク]
http://conys-eye.org/002.html#article_205
Page top
2017-10-26(17:27)|未分類

誘惑の微粒子入りインク♪


本日は、エルバンから新しくリリースされた
「ジャック・エルバン 1798インク アメジスト ウラル」のご案内です!


ジャック・エルバン 1798インク アメジスト ウラル
▲エクスクルーシブ ラインを謳われるだけあって、唯一無二の高級感があふれています


ジャック・エルバン 1798インクは、まさにエルバンのブランドコンセプトを体現した
「あなたの筆跡を気品ある1つの作品に仕立ててくれる」インクです。

アメジスト ウラルは、旅先で見て感じた風景・色彩、はたまた宝石の輝きを
そのままインクに落とし込んだかのような、奥行のある深い紫色に、
上品だけど存在感がある銀色微粒子が調和しています。


ジャック・エルバン 1798インク 微粒子
▲瓶を傾けると底に溜まる銀色の微粒子が「さらさら」と流れる様は一生見てられます(笑)


一筆館スタッフみんなが、アニバーサリーインクあたりから、
エルバンのキンキラキン&ギンギラギンのインクにメロメロなのですが、
今回もインクの素敵さに「ズキューン」と心を射抜かれております!(カタカナ多くて申し訳ないです...)

これからの季節、クリスマスプレゼントと一緒に、
今年は「貴女だけのメッセージカード」を添えてみませんか?

1798インクは、貴女の思いを素敵に彩ってくれますよ(^-^)/


■ジャック・エルバン 1798インク アメジスト ウラル
http://www.ippitsukan.com/shopdetail/000000007082/

ジャック・エルバン 1798インク 瓶
Page top
2017-02-24(17:30)|未分類

パーカー ボールペンのクインクフローとスタンダードの違いについて

パーカーのボールペン替芯(リフィル)について、お客様よりご質問をいただく事があります。

確かにいざ、パーカーのボールペン替芯を購入しようと思い、商品を検索すると、
「クインクフロー」と「スタンダード」の2種類が出てきます。

1220040000022.jpg
▲パーカー ボールペン替芯(クインクフロー)


1220040000022.jpg
▲パーカー ボールペン替芯(スタンダード)



見た目は同じ形状なのに「一体何が違うのか」と思う方も多いのでは?
じつは「中に入っているインク」に違いがあります。


スタンダードの方は従来からあるパーカーインクで、
ごく一般的な少し粘度のある油性ボールペンという感じです。

いっぽう、クインクフローは、低粘度インクが使われていて、
ブランドサイトでは「どんな用紙にでも楽々と書ける」うたわれています。
実際に書いてみると確かに、
引っかかりもまったく感じず、力を入れなくてもスルスルとペンが運ぶ
書き味でした!
また、速乾性・発色の良さ・裏写りがしにくいという三拍子そろった優秀ボールペン芯です。


実はと言うと、だんだんとスタンダードからクインクフローに切り替わっており、
スタンダードも残すところ「B(太字)のみ」となってしまいました。


最近はスラスラ書ける低粘度インクが流行っておりますが、
個人的には「Theボールペン」っぽさも好きだったりします。
Page top
2017-02-03(09:18)|未分類

新しくリニューアルしたPARKER「ジョッター」

パーカージョッター

パーカーから、新しくリニューアルした「ジョッター」が発売されました!

一筆館で商品掲載をしてから、すぐに売れていき、人気カラーは現在欠品中です…!
みなさん早いです!

人気の理由は、ノックをするたびに存在感を放つ「カチッ」という特長的な音が、
文房具好きには魅力を感じる一つの理由だと思います。
また、低価格で耐久性もありますので、普段使いにもガシガシ使えます!

どんなシーンにも使え、価格も高くはないので、ちょっとしたプレゼントにもいかがでしょうか?
カラーバリエーションも豊富ですので、
あの人はこんな色が似合いそう…と想像して選ぶのも楽しいですよね♪

ボールペンとシャープペンがありますので、是非ラインナップページも見てみてください^^

パーカージョッター ボールペン
パーカージョッター シャープペンシル

Page top
2016-10-06(13:44)|未分類

画期的なセーラーの万年筆インク「STORiA(ストーリア)」をやっと入荷しました!


出遅れ感ありますが、発売当初、人気のため欠品だったりでなかなか仕入れられなかった「「STORiA(ストーリア)」」を、満を持して入荷しました。

storia.jpg

「第24回日本文具大賞2015」デザイン部門・優秀賞にも選出された万年筆用インクなのですが、通常、染料インクが一般的な万年筆インクですが、こちらのインクは「顔料インク」。

染料インクと顔料インクの違いを簡単に説明しますと、

■染料インク:水や油に溶ける
・・・紙に染める、つまり紙そのものにインクが染み込むことで色がつきます。

■顔料インク:水や油に溶けない
・・・「顔料インク」は、インクの粒子が紙の表面に付着して色がつきます。


染料インクは、絵の具のように色数も多く、書き味も味があり、美しいのですが、にじみやすく、耐水性や耐光性が低いという欠点があります。その点顔料インクは、にじみがなく(裏移りもしにくい)、耐久性、耐光性に優れ、万年筆インク(染料インク)の欠点を克服したインクなのです。

ただし、万年筆用に開発された超微粒子顔料は、黒や青などの限られた色しかなく、色や発色を楽しむという点において弱く、万年筆の醍醐味である、インクの色を楽しむという点において弱いということがありました。

しかしながら、セーラーから登場した「STORiA(ストーリア)」は、なんと鮮やかな全8色展開。

3_000000006006.jpg



「極黒(きわぐろ)」「青墨(せいぼく)」に続くセーラーの超微粒子顔料インク「STORiA(ストーリア)」は、顔料インクの欠点であるインク詰まりがしにくいということで、万年筆ユーザーからも高い評価を得ています。

つまり「STORiA(ストーリア)」は、これまでにない、下記特徴を備えた画期的なインクなのです!

[STORiA の特長]
・耐水性に優れている
・染料インクに比べ耐光性に優れている
・にじみにくく裏抜けしにくい
・濃くはっきりとした筆跡
・ボトルの状態でも色がわかりやすい


ブランド名「STORiA(ストーリア)」はイタリア語で「歴史」「物語」を意味し、それぞれのカラーには「幼いころに見た色あざやかで色褪 せない思い出」の象徴として“サーカス”をモチーフにした色名を冠しています。
パッケージのかわいいイラストのデザインも素敵です。

詰まりにくいとはいうものの、乾燥するとインクが機構内で固まりやすくなりますので、まめにキャップを閉めたり、クリーニングするなど、気をつけていただくにこしたことはないです。

またセーラー製の万年筆でのお使いいただくためのインクですので、
セーラー製以外の万年筆で万が一故障した場合に保証対象外となりますので、ご注意くださいね。


【セーラー】顔料ボトルインク STORiA(ストーリア) 30ml

セーラーの万年筆


Page top
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード